研究費開発費等


研究開発型の製薬企業にとって、革新的新薬の開発は最も重要な使命の一つです。この活動は、製薬企業単独でなし得るものではなく、多くの医療関係者、患者さんの協力なしには実施できません。基礎研究、非臨床試験、臨床試験における医学的な評価はGCP省令などの公的規制のもと、その専門領域の研究機関・医療関係者に中立的・公平に行っていただくべきで、こうした役務に対する対価は、妥当な範囲内で医療関係者に支出しています。また、製薬企業には、新薬の市販後もGPSP省令、GVP省令などの公的規制により、医療機関や患者さんの協力を得て、市販後の使用状況や有効性情報、開発段階ではわからなかった有害事象情報など、多くの情報収集を行うことが義務付けられています。この役務に対する対価も、妥当な範囲内で医療関係者に支出しています。

患者さんのメリット

新薬の開発により、患者さんのニーズや医療ニーズに応える新たな選択肢を得ることができ、また、市販後の情報収集により新薬の有効性や安全性を担保することができ、患者さんはその利益を享受することができます。

医療関係者のメリット

新薬の開発や市販後の有効性や安全性の調査に参加することにより、医療関係者は医療の質を改善する機会が得られます。また、研究の経験や実績を積み重ねることができ、医療技術の質を高めることにつなげられます。

サノフィのメリット

医療関係者と協力し、患者さんの参加を得て行われる治験を実施することにより、革新的な新薬を世に送り出し、医療の向上に貢献することができます。また、市販後の情報収集により、新薬の有効性や安全性を担保することができます。

情報公開の方法

サノフィは、以下の項目について年間の総額を開示いたします。

共同研究費、委託研究費、臨床試験費、製造販売後臨床試験費、副作用・感染症症例報告費、製造販売後調査費
※2016年1月以降の新規契約のによる支払分から、臨床に関わる資金等の提供については個別支払先の年間の件数および支払額を、臨床以外に関わる資金等の提供については年間の提供総額および個別支払先を、2017年より公開することに致しました。

【公開情報】

※各情報の閲覧に当たっては、以下の点をご確認ください。