社員インタビュー


中村 隆尋:MR一人ひとりが「代表者」 中村 隆尋:MR一人ひとりが「代表者」

裁量・誇り・成長…多くのやりがいを実現できる環境

MRには、担当エリアの戦略プランナーであり、社長でもあるという側面があります。会社としての基本方針はありますが、自分が担当するエリアの各施設、医療環境について、何が必要でどうアプローチをしていくかという具体的戦略は、現場に最も近いMRの裁量に委ねられます。私は他の製薬企業からのキャリア入社ですが、サノフィでは社員一人ひとりの裁量範囲が広いと思います。

MRにとって最も幸福な環境は、誇りを持ってお勧めできる製品を扱えることです。弊社は多くの患者さんが存在する疾患領域において重要な医薬品が多数そろっており、医療に貢献しているという実感は強いと思います。

多くの患者さんにとって有効な薬剤を持つ立場だからこそ、それを患者さんの元に届けるのは会社としての使命であるとの考え方に基づいています。自己成長と企業成長、そして大きなやりがいを求めるならば、サノフィは最適な環境だと思います。


「個」を伸ばすことが最終的に大きな成果につながっていく

私はMRを務めた後、マーケティング関連職種であるサイエンティフィック・プロモーター(SP)、エリアマネジャー、そして営業所長とキャリアを積んできました。MRとしてのキャリアを積むにつれ、担当施設という範囲以上の大きなエリアで影響力を発揮したいとの思いから実現してきたキャリアステップです。

大きなことを成し遂げたいと思えばこそ、「個」は重要です。チーム・メンバー一人ひとり、そして施設一つひとつの可能性をどう伸ばしていくか。会社としての成果は、あくまでも「個」の結集なのです。営業所長として、自身の経験とマーケティング部で培った分析力を活かして、メンバーの課題を見出し、そのポテンシャルを伸ばしていくことが私のミッションだと考えています。一人ひとりの力が高まり、組織としての相乗効果が高くなれば、大きな目標を達成することも、決して不可能ではないと思います。