生産/生産技術/品質管理の仕事内容

高い専門性をもって、安定供給・高品質を追求する

製造の現場には、製造ラインの管理を行う「生産職」や、製造設備の導入を担う「生産技術職」、安全性の観点から品質の管理を行う「品質管理職」などのスペシャリストが活躍しています。 
製造に関わるそれぞれの担当者は、患者さんに高品質な製品を安定的にお届けするために、正確かつ精度の高い仕事を心掛けています。
製造に関わるスペシャリスト 製造に関わるスペシャリスト

生産職

製造機械の稼働状況をモニタリングし、安定供給を実現していくのが生産職の仕事です。 
例えば錠剤の製造は下図のようなプロセスがあり、各工程によって機械の運用方法は異なります。さまざまな製造工程を担当しながら製薬の知識を蓄積、ゆくゆくはラインスタッフのマネジメントに関わるなど、経験を積んで製剤のプロフェッショナルを目指します。 
患者さんの命に関わる医薬品に、欠品は許されません。生産職は、医薬品を望む多くの患者さんに確実に製品をお届けする鍵を握っているのです。

生産技術職

生産計画に則って、製造に関わる製造設備、工場内の各種設備の企画・導入を担うのが生産技術職です。 
生産技術職は、品質の維持、安定稼働、製造コストの軽減、労働者にとっての安全性を追求する専門性の高い職種です。また工場全体の省エネルギー化や排水、廃棄物の管理など工場全体の管理業務も担当します。 

品質管理職

薬事法に則って、薬剤の成分、純度、溶出などに関する各種試験を行い、安全性と品質を管理する業務です。試験の結果、問題があった場合は、製造に関わる関係部署に報告、改善につなげます。 
品質試験の手法は、担当する薬剤によって異なります。製薬業界、特に日本では安全性や品質に対する意識が高く、多様な製造製品の品質保証業務の中でも、専門知識と高い精度が求められます。
錠剤の製造工程  錠剤の製造工程